<物性処理事業(クライオ処理)>
 クライオ処理とは、極低温に冷却することで歪み成分を取り除く性質を利用した高度な技術です。この処理技術を用いて様々なパターンでの温度を施すことで、高品質な製品が出来上がります。現在、他の企業からからクライオ関連の商品が多数出ておりますが、ひとえにクライオ処理と言っても会社ごとに処理パターン、処理装置が違うことから音質に違いがしょうじております。
<クライオ処理の違い>
 クライオ処理の処理工程によってはサウンドが堅くなる、精密パーツにクライオ処理を施せない、弦などにかけるとテンションや硬さが増してしまい弦の響きも堅い音になるなどの状況になる場合があります。当社のクライオ処理は長年の研究の蓄積から適切なクライオ処理パターンを見つけております。その技術力は、最も高度な技術を要する基板にクライオ処理を施すことが可能となっております。そして、その技術を楽器向けにパターンを構築してクライオ処理を施しております。
 当社では、ブラインドテストの評価を第一と考えておりますが評価の数値化を目標としており、このデーターをもとにして、さまざまなパターンでのクライオ処理を可能としております。
<クライオ処理工法説明>
 簡単なクライオ処理工法として液化窒素に直接浸し急激な温度変化による処理の方法から、複雑な処理工程が要求される液化窒素をガス状にして長時間をかけて処理をしていく方法があります。

○窒素に直接浸す処理は、コストが安くまた処理時間もそれ程かかりませんが、急激な温度変化に耐えられない物はサーマルショックにより破壊されます。

○窒素をガス状にしての処理は、常温からゆっくりと処理設定温度まで冷やしていき、設定温度に達成したら長時間冷やし、そして常温まで戻す際にゆっくりと時間をかけ処理していきます。このことから液化窒素を大量に消費してしまいますが、サーマショックの影響を緩和して安全にクライオ処理を施すことが出来ます。

<ニューツールのクライオ処理※ガス窒化>
国内有数の技術力を持つ金属処理会社との提携により安心でハイクオリティーのクライオ処理が施されております。サーマルショックの回避及び、ハイクオリティーなサウンドを目指すため当社ではガス窒化を採用してお客様のニーズにこたえております。
クライオ処理装置全景
クライオ処理装置内※参考
<当社のクライオ効果>
1.物質の変化による効果
 マテリアル素材(金属系)は表面が硬化することで振動(響き)が増します。
 ケーブル素材の表層が硬くなることで表皮に流れる電気が綺麗に流れる。
 耐久性の向上
 錆に強くなる

2.音質変化による効果
 倍音成分が向上することでサウンドに奥行き感や立体感が生まれる。
 芯のあるクリアなサウンドか特徴。
 コードが一音一音しっかりと表現されるので非常にバランスのとれたサウンドになる。

<採用実績>
(株)松木屋
(株)ミュージックランド
日幸カールコード(株)
(株)黒澤楽器店
(株)ワタナベ楽器店
特約店
プレイヤー
NEW TOOL
919-0512 福井県坂井市坂井町宮領37-1-2
TEL/FAX 0776-67-5750
E-mail info@newtool.jp