ケーブル紹介

弾き手の表現を素直に表現することはもちろん、高信頼性も持ち合わせたケーブルを製作しております。

※パーツ写真
※シールド全種写真
※物性処理写真 クライオ処理装置
プラグ編

プラグに一手間加えてサウンド&信頼性への向上へ

センター部分はかしめ処理されており、接点は良いとは言えない状態になっております。そこで、改善としてはんだ処理を行っております。
センター部分にはんだ処理をして隙間にはんだを流し込み接点を改善し、音のクオリティーも向上させております。
センダー部分をしっかりと、はんだ付けされており信頼性の向上にも貢献しております。
被覆&プラグ処理編

ケーブルへの信頼性向上及びサウンドクオリティーを長期間持たせるために...

ケーブルに柔軟性と伸縮性に優れた特殊編組スリーブ(メッシュ)を挿入し、耐衝撃、耐摩耗を向上しております。
プラグと線材をはんだ付けした個所の、衝撃による剥がれ防止のために絶縁性ボンドにて処理しております。
プラグの緩み防止、また意匠も持ち合わせております。